Cobra - ボルト継手の設計評価・破損分析ツールの世界リーダー

- ボルト継手の分析、確認、検証、破壊評価、寸法検討 -

Cobraは複雑なアセンブリのボルト/ねじ継手の安全性と信頼性を確認、評価する計算ソフトウェアです。
輸送機器産業の主要メーカーにおいてダイナミックな部品間結合の計算に用いられているほか、ガス、石油、農業、建設などの各産業において、大規模なアセンブリの設計/評価に使用されています。 VDI 2230の推奨要項に準拠し、コントロールされた仮締めトルクのもとで、ボルト締結部の強度を確認、検証し、破壊評価や寸法検討を行うことができます。

Cobra を使う理由

ボルト締結設計の専用ツール

Cetim社のボルト/ねじ継手の評価知識をベースに開発され、VDI 2230 準拠した信頼できる計算がおこなえます。

数日かかる作業が30分に短縮

通常、複雑なアセンブリの設計と検証は数日かかりますが、Cobraを使えば30分で終わります。

締め具カタログのデータを使用

締め具カタログのデータや自動車産業の規定に従ってアセンブリが設計できます。自社独自の締め具を追加することも可能です。

アセンブリの重量を最小化

安全性の制約条件に従いながら、具体的な規格や形状の要件を満たした設計がおこなえます。

製造コストを削減

継手と締付の設定を標準化することで製造の時間とコストを削減できます。

実稼働データと生産工程を再現

実稼働データと生産工程を忠実に再現し、取り付け誤差やデータのばらつきを考慮した評価がおこなえます。

締め具カタログのデータを使用

締め具カタログのデータや自動車産業の規定に従ってアセンブリが設計できます。自社独自の締め具を追加することも可能です。


産業界の要求にマッチしたソフトウェア

  • Cetim社のボルト継手に関する分析・検証ノウハウ
  • ソフトウェアは市場で十分検証され、複雑なアセンブリ構造物への理解を深めます
  • 設計オプションを考慮した検証レポートなど、信頼性の高いドキュメント
  • 複雑なアセンブリ構造の検証と設計にかかる時間を短縮
  • VDI 2230 の要求項目に沿った検証評価


利用分野
 輸送機器(自動車、鉄道、航空宇宙、防衛)、ガス、石油、農業、建設

独自の機能
Cetim社はボルト・ねじ継手の検証や損傷分析に多くの実績を持ち、CobraにはVDI2230規格に準拠した設計・計算機能が実装されています。

  • ボルト締結不具合の80%を占める、動的負荷に対する交番応力の計算精度を改善
  • 静的荷重の検証のための継手形状とトレランス、ねじのトレランス、材料特性のばらつき、締め付け工具、摩擦係数のばらつきを独自に計算
  • 複雑なボルト継手の設計をサポートする、適切なトルクレベル選択


適用範囲

  • 応力、熱応力
  • ねじ部品(ねじ,スタッド,ねじ棒,ナット,ワッシャなど)の形状と機械特性
  • ねじ種類:ISO, UN, UNR
  • 締め付け部の形状締め付け条件, 方法, 摩擦係数, 制約条件 など


以下の項目を考慮した最適な締め付け条件を決定します :

  • 締め付け工程のばらつき(材料+工具+オペレータ)
  • 摩擦係数(ヘッドの下、ナットの下、ねじの中)
  • 表面埋没のリスク
  • ねじの機械的応力(引張+ねじり+曲げ)
  • ねじの損傷荷重
  • 自動ロック要素やプリベリングトルクの存在(ロックナット、タイトフィット部品)


次の情報が得られます:

  • 荷重係数
  • 動的応力範囲
  • アセンブリ内の応力分布
  • 締め付け方法(トルク、トルク+角度、引張り...など)
  • 最小嵌合い


データベース

  • 材料(降伏強度、引張強度、ヤング率、熱的影響)
  • ねじ、ナット、座金(直径、長さ、目別区分、ねじ頭サイズ)
  • 標準穴(小、中、大)
  • 標準トルク


計算結果

  • 締め付け具と締結部品の復元力または剛性
  • 動的応力(耐疲労性)
  • 開きやすべりを防止する最小締め付け力
  • 最大許容予圧最小達成予圧と最大達成予圧
  • 締め付け具の最小要求特性:品質クラスが定義されていない時
  • 締め付けによる締め付け具の変位
  • 弾性座金の最大応力
  • 接触面の軸受圧(埋没リスク)
  • 最小ねじ長さ(剥離リスク)
  • 締め付け設定の決定(トルク、角度、張力など)

     ねじの張力
     各接触面の軸受圧力
     ねじの破壊荷重
     必要トルク、プリベリングトルク(初期締め付け時)




Cobra バージョン 6.4

ボルト継手の設計と損傷分析の世界リーダーであるCetim社から、 Cobraソフトウェアの新バージョン6.4がリリースされました Cetim社の専門家が開発したボルト継手の設計、寸法決定、挙動の最適化のためのソフトウェア、Cobra 6.4には、3つの大きな進展があります。まず、ねじ部品をクリックするだけで、ねじ付きインサート、ショルダー付きインサート、ショルダー無しインサートを設計できるようになりました。Cetim Cobraは、ボルトねじ部、ねじ部、インサートの破壊荷重を自動的に計算します
より強力になったウィザード
Cobra 6.4ではアシスト機能がグレードアップしました。「締め付けトルク見積もりウィザード」は、標準トルク一覧からトルクが選択でき、表示も見やすくなりました。また、締め付けトルクがNFE 25030-1の新規格に準拠するよう更新されました。「外部荷重」ウィザードでは円筒と角柱が使用できるようになりました。このため、ユーザーは複数の締め付け構成で荷重を定義し、ウィザードはCobraで計算される単一ファスナープロジェクトの結果としての荷重が推定できるようになりました。その他の新機能として、部品間の接触面やねじのせん断領域の表示、UNJねじの統合、ボルトの締め付け不足または締め付け過多の状況における応力の考慮などが追加・改善されました。

Cobraについて
Cetim Cobraは、安全性と確実性が重要となる複雑なボルトやねじの締結に対応し、業界で広く使用されています。石油・ガス、石油化学、農業、建設、輸送業界の多くの企業が、へビーな荷重条件や動的アセンブリの設計と分析にCobraを使用しています。複雑なアセンブリの場合、手作業では数日かかる計算や検証が、Cobraでは30分で解決します。
Cetim社は、大企業や大学、研究機関との様々なパートナーと協力して国境を越えた研究開発に取り組んでおり、Cobraの広範な機能には、 Cetim社の機械工学の専門知識と経験が反映されています。

お問い合わせ

お問合せは以下のフォームをご入力のうえ「以下に合意して送信」ボタンを押してください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
以下に合意して送信

個人情報の利用目的
当社は、当社が収集した個人情報について、以下の目的で利用します。

  • 当社または当社提携先の販売・提供する商品(ソフトウェア、ハードウェ ア、測定サービス)これら商品に関連するサービス(コンサルティング、教育)の営業活動(紹介、宣伝、提案、契約)をおこなうため
  • お客様に商品・サービスの提供・配送をおこなうため
  • お客様にアフターサービス・サポートサービスを提供するため
  • 当社が主催または参加する催しに関する案内をおこなうため
  • 上記の目的で第三者への提供をおこなうため(ここでの第三者とは、商品・サービスの開発元、販売元、代理店、提携先及び当社 が参加する催しの主催者をさします。)
  • お客様に当社サービス改善のご意見を伺うため
  • 当社が発行するメールマガジンをお客様に送付するため
  • 当社のグループ会社と共同利用し営業活動をおこなうため


当社の個人情報の保護方針 については、<個人情報保護方針>をご確認ください。
株式会社テラバイト 個人情報相談窓口  TEL:03-5818-6888